HOMEtotoに当選するため > 当選金の受け取り法

当選金の受け取り法

サッカーくじであたった場合の話をしましょう。

当選金の受け取り法イメージ

1等の当せん金は上限1億円です。2等は、必ず1等の当せん金を上回らない金額となっているはずです。

一部の対象試合が天候、他の不可抗力で中止・延期となった場合であっても、投票方法に応じて以下の試合数以上が開催された場合、中止・延期になった試合を全的中扱いとして、くじは成立します。

また、試合数が満たされず不成立となったくじは、後述する当せん金払い戻しと同じ方法で、額面金額と同額が返還となるのです。また、宝くじと同様、当せん金は非課税で所得税や住民税はかかりません。思う存分当ててください。

そして、 払い戻しを受けるまでの過程ですが、当選金の受け取り法はどのようなものでしょうか。totoの当せん金払い戻しは、基本、当該回の指定試合終了から2日後から1年間です。

ただし、土・日曜・祝日が間に入る場合はその次の平日となります。そして配当金の払い戻しはそれぞれ一部を除く信用金庫とtoto販売店で行われます。

以前は宝くじや公営競技とは異なり販売店での払い戻しはできなかったのです。当選金の受け取り法として、少しルールがあります。まず、払い戻しを行うに際しては必ず投票券と年齢が確認できる身分証明書類が必要になります。

その身分証明書が、運転免許証、パスポート、住民票記載事項証明書や戸籍謄本など。写真付きのものなどです。それと、投票券を持参します。

ただし10万円以上の配当金を受け取る場合は印鑑も必ず持参しなければなりません。当選金の受け取り法という方法があり、それによると10万円以上の当選金を受け取る時には、投票券を預けた後、手続きし、後日指定銀行口座への振り込みで払い戻しという形となります。

この預かっている間に本物であるかどうかのチェックも行われるのでしょうか。10万円より金額が少なければ、信用金庫での窓口で払い戻しができます。

さらにクレジットカード、デビットカードの会員は払い戻し金額に関わらず、全て保有の銀行口座への振り込みで払い戻しが行われるそうです。

また、10万円以上を超える現金で受け取る場合には、更に写真付きの身分証明書の提出、加えて本人確認記録書の記入提出が必要となる場合もあるようです。

とこのように金額が大きければ、すこし受け取り法により、面倒なこともありますが、それは仕方が無いこととして、素直に従いましょう。現金がもらえるのですからこれくらいはがんばりましょう。

スポンサードリンク

TOTOとBIGのコツは、。

TOTOとBIGのコツ ピックアップ!:toto GOAL2

サッカーくじの1種類である、totoGOAL2(トトゴール・ツー)ですが、方法な・・・