HOME > BIGってどんなくじ

BIGってどんなくじ

サッカーくじであるtotoの中にBIGがありますが、このBIGってどんなくじでしょうか。

BIGってどんなくじイメージ

このBIGは、2006年9月16日から販売が開始されました。割と新しい投票方法であります。J1リーグ及びJ2リーグの14試合を対象にして、ホームチームの90分間での勝ち負けを予想して、投票します。

勝ちの場合は1、その他引き分け・延長は0、負けが2となります。そして、これがBIGの特徴でもありますが、このマークはコンピュータが選択するものであります。くじ購入者は予想できないといったものです。

呼び名をランダム形式といっています。全試合当たれば1等、1試合外れで2等、2試合外れで3等、3試合外れで4等の払戻金がもらえるというしくみです。

1等が当たる確率は、ジャンボ宝くじより高く、約480万分の1だそうです。1口300円で購入できるようです。また、当選金の最高額は3億円となっています。

しかもキャリーオーバー発生すると最高6億円と成る可能性があります。このキャリーオーバーでの最高当選額の6億円の金額は、宝くじのロト6の最高4億円、これもキャリーオーバー発生時ですが、これをも上回っています。

このBIGはくじの当選賞金としては日本で最も高いものです。1等を6億円さて、totoBIGが当たる確率とはどれくらいのものでしょうか。BIGの1等が当る確率を理論値として計算してみると、478万2969分の1だそうです。

3の14乗となります。普通に考えればホームの勝ちが一番確率が高くなるはずだそうです。続いて、引き分けとアウェーの勝ちは若干確率が悪いはずなのです。

しかし、それを均等に自動で選んでくれるタイプのくじでありますから、なかなか1等は出ずらいかもしれません。

ちなみに他のくじはというと、ジャンボ宝くじは、1000万分の1となり、ロト6は理論上、609万6454分の1だとのことです。理論的にいえば、実はこのtotoBIGが一番当たりやすいともいえます。

しかし、単純に考えると、他のtotoのくじだと、本当に試合結果を予想しなくてはならず、サッカーを知らないと少し買いづらいくじかもしれませんが、このBIGであれば、当選金額も高いうえに、機械が自動的に選んでくれるので、サッカーファンでなくても関係なく、楽しめるtotoBIGといえるかもしれません。

実際に、買う人を見ていてもサッカーファンだとは思えない方もたくさんいるようです。

TOTOとBIGのコツは、。

TOTOとBIGのコツ ピックアップ!:toto GOAL2

サッカーくじの1種類である、totoGOAL2(トトゴール・ツー)ですが、方法な・・・