toto GOAL3

サッカーくじtotoの種類にtotoGOAL3(トトゴール・スリー)というものがあります。

toto GOAL3(トトゴール・スリー)イメージ

このtotoGOAL3(トトゴール・スリー)とはいったいどんなものなのかさぐっていきましょう。指定されたJリーグ1部、2部の3試合について、各チームの一試合に獲得した得点点数を予想するといったものです。

トトゴール・スリーの予想の仕方ですが、指定された3試合、6チームの各チームの90分間での得点を予測し、投票するといったものです。

投票方法ですが、各チームの90分間での得点であり、得点0点が0、得点1点が1、得点2点が2、得点3点以上が3のようになっています。

そして、1口単価は他と同じように100円です。当せんの種類は1等はすべて的中の場合、2等は1チームはずれた場合となり、3等はありません。当せん金の上限は1億円となり、キャリーオーバー発生時は2億円まであがります。

当せん確率は理論値として、1等が4096分の1、2等が約228分の1となっています。最低成立試合数は2試合です。以前の5試合を対象としたtoto GOALものが廃止され、それに代わってこのtoto GOAL3が導入されました。

従来のtotoGOALは指定5試合10チームの得点を予想するといった内容ものでしたが、totoGOAL3では指定3試合6チームに減り、その分当てやすくなったといわれています。

では、そのtotoGOAL3ですが、どれぐらいあてやすくなったのでしょうか。チームの強さや対戦カードなどを全く考慮なしで計算をすれば、この確率は出すことが出来るでしょう。

まず、従来のtotoGOALであれば、10チームのゴール数を0点、1点、2点、3点以上の4通りで予想します。ですから、全通りは4の10乗となります。1048576通りです。そのうち1等はもちろん1通り、2等は1つ外しで30通り、1等になる確率1048576分の1となります。

2等になる確率は、1048576分の30です。つまり、従来のtotoGOALは、たった.00002956390380859375%の確率でしか払い戻すことは出来なかったのです。

一方、生まれ変わったtotoGOAL3を分析すると6チームの4通りとなり、4096通りです。そのうち1等はもちろん1通り、2等は18通り、1等になる確率は4096の1、2等になる確率は4096分の18、となります。

払い戻せる確率は0.004638671875%であります。新しくなったtotoGOAL3は、従来のtotoGOALより約157倍も当てやすくなったという事になります。

スポンサードリンク

TOTOとBIGのコツは、。

TOTOとBIGのコツ ピックアップ!:6億円で何ができる?

もしtotoで6億円あたってしまったら、どうしますか。 6億円で何ができるのでし・・・