HOMEtotoの歴史と目的 > キャリーオーバーとその魅力

キャリーオーバーとその魅力

サッカーくじの魅力とはなんでしょうか。

キャリーオーバーとその魅力イメージ

totoでは、BIGなどで賞金が次回に繰り越しとなるキャリーオーバー制というもうのがあり、この魅力が、totoの人気を支えているといってもいいでしょう。

このキャリーオーバーでの賞金の最高額も当初よりも上がりっています。ではこのキャリーオーバーとはいったいどのようなものなのでしょうか。

当せん者が出なかった場合、その当せん金は次回に繰越となります。また、1口あたりの当せん金が法定最高額を超えた場合の超過額が、次回の1等当せん金額に繰り越されることをキャリーオーバーと言っています。

一般的なくじでは、必ず当たりがあります。そして、くじの当たり方によって当せん金の総額に大きな差の出ることがないように作られているのです。

しかし、これとは違って、競争の勝者、あるいは特定の数字の組み合わせを当てるようなくじとなると、当たりが少ないとか、もしくは当りすら無い場合があります。

このような場合、当せん準備金が余ります。この当せん準備金の残余を、次回の当せん準備金に積み立てるというのがこのキャリーオーバーのしくみなのです。キャリーオーバーとなれば、当せん金の期待値が上がっていくのです。

ですから、この金額が大変な額となり、キャリーオーバーで億万長者を狙いたくなるのです。日本初のキャリーオーバー制を採用したのが、ロト6でありますが、キャリーオーバー発生時に最高4億円の高額当せん金となりました。

スポーツ振興サッカーくじ(toto)では、toto系くじとGOAL系くじで、最高2億円です。そしてminiBIG(ミニビッグ)が最高4億円です。そしてなんといっても史上最高額6億円にもなるのがBIG(ビッグ)なのです。このキャリーオーバーとその魅力でこのサッカーくじの人気が衰えていないわけです。

ロト6は、キャリーオーバーで最高賞金4億円が頻発しています。それに比べて、史上最高額6億円で鳴り物入りで誕生したBIG(ビッグ)に限っては、未だ残念ながら6億円は誕生していません。

必然的にキャリーオーバーが発生した回には、購入する人も増えて販売総額も上がる為、結果的に当せん金額も最高賞金額が期待できるというしくみとなります。

そして、偶然にも当せん口数が多く出た場合は、1口あたりの当せん金額は下がるのです。こればキャリーオーバーのしくみであり、その魅力でもあります。ですから、キャリーオーバー発生時だけでも、買ってみると夢がもてます。

スポンサードリンク

TOTOとBIGのコツは、。

TOTOとBIGのコツ ピックアップ!:BIG 1000(ビッグ・セン)

サッカーくじのtotoの中に、BIG 1000(ビッグ・セン)という種類のものが・・・