HOME > totoの歴史と目的

totoの歴史と目的

くじにはいろいろな種類があります。

サッカーイメージ

中でも日本のサッカーくじでtotoトトと呼ばれているものは種類によっては、最大当選金が6億円という高額のくじであるだけに、大変人気があります。

また、キャリーオーバーと呼ばれている繰越金の積み上げによると、常に史上最高の最大当選金が複数本出る可能性が生まれことからも、大変注目度の高いくじであるでしょう。Totoでは、一時販売システム不調も発生したほどの加熱ぶりです。

では、このtotoの歴史と目的について、探ってみましょう。このサッカーくじtotoは、欧州や南米でもポピュラーであり、日本に輸入されてきたといえます。

世界中のtotoの歴史と目的が同じであるとはいえませんが、発祥は同じと言うことで、サッカーの本場のサッカーくじの形態はどうのようなものであるのか、みてみましょう。

まず、トトという言葉自体は、イタリア語です。正確には、トトカルチョ、トトゴール、トトセイのようにも呼ばれているようです。

他の国では、イングランドはフットボール・プールズ、ドイツはフスバル・トート、フランスはロト・フット、スペインではキニエラ、ブラジルではエスポルチーヴァ、ボラオ、アルゼンチンではプローデのようになっています。

日本では正式には、スポーツ振興くじであり、Jリーグの指定された試合の結果あるいは各チームの得点数を予想して投票します。文部科学省の指導監督のもと独立行政法人日本スポーツ振興センターにより運営と発売が行われています。

そのサッカーくじtotoの収益金は大半は国庫へ納付、サッカーやスポーツ振興のために配分されるいう流れになっています。

具体的な内訳は協会の運営費や、スタジアムの改修費用、アマチュア団体への助成、また地域のスポーツ活動をサポートする指導者の養成等に対する助成、競技力向上のためのスポーツ指導者の養成等の事業に対する助成などに使用されています。

さらに、スポーツの競技力向上のための事業に対する助成、スポーツ団体の組織の基盤強化に対する助成、特定事業の開催に対する助成 、地域のスポーツクラブの活動に対する助成、スポーツ大会、スポーツ教室開催等の事業に対する助成、広域スポーツセンターの事業に対する助成、地域におけるスポーツ施設の整備に対する助成に使用されているようです。

このようにtotoの歴史と目的を知ったうえで、購入すると価値を感じられるのではないでしょうか。また国が財政難のため、本来国が出すべきスポーツ振興予算の代替財源としてtotoは期待されていたようです。

TOTOとBIGのコツは、。

TOTOとBIGのコツ ピックアップ!:インターネットでの購入

サッカーくじtotoはインターネットでの購入が可能です。 インターネットでの購入・・・